糖尿病患者の食事療法と薬の4月記事一覧

糖尿病の患者さんでも、就業制限などを無しに、普通に8時間以上働いておられる方はたくさんいます。

または、糖尿病の患者さんであっても、上記のような就業制限は一切なく、人よりも、糖尿病の患者さんでない人よりもさらにもっと長い時間働いている人もおられます。

しかし、一方で、あまりにもこの病気が進行してしまうと、薬などの服用や、インスリンなどの注射を打つタイミングなどから、就業制限をかけて、仕事をしなければならない人もおられます。

そのような方の場合、例えばアルバイトとして、上記のことを説明し、短時間で働くことを許可してもらい、就業を行っているか、または派遣などでも、とても短い時間の就業で、働き、何とか生計をたてている方もおられます。

糖尿病の患者さんになってしまうと、上記のように、インスリンの注射などを、時間ごとに打つ必要性がある他、そのような職業が限られてしまうため、医師などの判断や忠告から、このように、就業制限が設けられることとなります。

また、あまりにも重症な糖尿病の患者さんの場合には、なかなか上記の理由などから、自宅を離れることも困難である場合もあるため、個人輸入などの仕事を行い、それを別の場所に売る、自分で個人輸入の会社を作り、そこから利益を得ることで、働く、このような形をとっている人もおられます。

個人輸入を行うためには、それなりに、英語の知識や、役所への提出など、労力が必要となりますが、商才がある人の場合ですと、上手に利益を、個人輸入から導き出すことができるため、そこから生計をたてていくことができるようにもなっています。

ただ、上記のように、海外の言葉や英語、などが分かることが大前提となっています。